断酒会とは

まずは断酒例会に参加してみましょう

酒害体験を聴く、そして話す「一日断酒」「例会出席」この繰り返し

毎月決まった日程で、県内各地において、ほぼ毎日開催しています。
20名ほどが集い約2時間、酒害体験を話し、またそれを聴く。
家族も参加して体験を話すことにより、お互いの悩みや抱える問題を共有できます。

断酒会でお酒が止められるわけ

この家族の体験談を本人が聴くことにより、記憶から抜けていた飲酒時代の凄絶な真実を思い出させてくれます。
体験談は自分がしたことの事実と、その時の気持ち・真情を語ることが大切です。
なぜなら、真情を語ることで反省が生まれるからです。

今までは、「意志が弱いから酒が止められないのだ」と周りの人たちから責められ続け、また「やめたいのにどうしても飲んでしまう」という言い分をまったく聞いてもらえなかったのではないでしょうか?
例会に出席してそれを話すと、みんなが分かってくれる。認めてくれる。
ここから、みんな仲間だという一体感が生まれていくのです。

また、例会に出席し続けることにより、自分は酒をコントロールできないのだ、自分だけが違うのではなく、みんなと同じ依存症なのだという自覚が心に生まれてくるはずです。

この「一体感」と「自覚」が断酒継続の原動力となるのです。

体験談は「言いっぱなし」の「聴きっぱなし」。

この部屋で聞いたことはこの部屋に置いていくことが原則です。


メインページへ戻る 

ページのトップへ戻る